地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

設備紹介

電位差自動滴定装置

機器名 電位差自動滴定装置
商品名 電位差自動滴定装置
写真 at710m.png
(画像をクリックすると拡大します)
型式 AT-710M
メーカー 京都電子工業(株)
仕様 中和滴定,酸化還元滴定,光度滴定
  • 検出範囲:電位差:±2000 mV
         pH:±20.000
         透過率:0~100 %T
         吸光度:0~1 Abs
  • ビュレット容量:容量20 mL
担当チーム名 金属系チーム
配置場所 204 化学・物理系機器分析室
機器説明 溶液中の成分濃度を滴定法により測定する装置です。
滴定操作において,溶液内の目的成分の濃度(活量)を作用電極と参照電極の起電力差から測定し,当量点の決定を電極電位変化より行う電位差滴定法を自動化したものです。
機器の状況 利用については要相談
使用料・手数料 相談時に確認