地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

研究成果

ガスクロマトグラフィーによる血漿の遊離脂肪酸の定量

バイオ系 研究抄録
担当者 京都バイオ計測センター招聘研究員  市原 謙一
バイオ系チーム           高阪 千尋,泊 直弘
京都バイオ計測センター       山本 佳宏
京都府立大学            増村 威宏
研究開始時期及び
終了時期
令和2年4月~令和3年3月
要旨  ガスクロマトグラフィーを用いた血漿の遊離脂肪酸(free fatty acids, FFAs)の定量方法を開発した。血漿は,3倍量のメタノールにより抽出された。ほとんどのコレステロールエステルとトリアシルグリセロールはこの含水メタノールに溶解しなかった。この脂質の粗抽出液に含まれる FFAsを,室温でトリメチルシリルジアゾメタンを用いて,そのまま直接,選択的にメチル化した。生成した脂肪酸メチルエステル(fatty acid methyl esters, FAMEs)をヘキサンで抽出し,非反応性のリン脂質を 95%メタノールにて除去した。この部分精製された FAME溶液をガスクロマトグラフィーにて分析した。その結果,血漿の FFAsの組成と含量は,別の異なる2種類の分析方法により得られた値とよく一致していた。
原題  Determination of free fatty acids in plasma by gas chroma-tography
(本研究は,Analytical Biochemistry, 603(2020)113810に掲載された。)
研究種別 研究抄録
備考

資料ダウンロード