地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

知恵産業融合センター

280920_konnchie.png 280920_wakate.png
280920_meno.png 280920_torikumi.png
280920_josei.png

センターの役割

「知恵産業の推進」と「産技研技術の産業化」
 知恵産業融合センターでは,知恵ビジネスを目指すものづくり企業等の発掘や成長支援,知恵産業担い手の育成による知恵ビジネスの推進を通じて,「知恵産業のまち・京都」の実現に取り組むとともに,産技研の研究開発成果を技術移転し,事業化や製品化などの「技術の産業化」を推進しています。
用語説明
 「知恵ビジネス」とは,企業独自の強みや京都の特性を活かしながら,新たな知恵によって中小企業が独自のビジネスプラン・技術・商品・サービスを開発して顧客創造を図るビジネスのこと  

知恵産業の推進

図:京都産業活性化 知恵ビジネス企業等の発掘と成長支援
  • ・「知恵創出"目の輝き"企業」認定等知恵ビジネスの普及啓発
  • ・企業の技術ニーズの把握と企業間マッチングの促進
  • ・新技術・新製品に取り組む企業への開発支援や販路開拓支援
知恵産業の担い手の育成
  • ・伝統産業技術後継者育成研修修了生等の市場進出支援
  • ・世に出る伝統産業技術セミナーの開催
  • ・技術開発から市場開拓までを担える人材の育成

 

 

産技研技術の産業化

産技研の見える化・情報発信
  • ・企業交流イベントへの参加等による産技研のPR
  • ・産業支援機関等と連携した企業による産技研利用の促進
  • ・産技研ショールーム「京乃TANA」の運営
産技研技術の事業化・製品化
  • ・産技研内における事業化・製品化に近い研究開発の促進
  • ・産技研の技術・研究成果の企業等への橋渡し
  • ・京都ものづくり協力会・研究会への産技研技術のPR

成果事例紹介

 企業が産技研の技術支援により試作,製品化に至った事例や,「知恵産業」をキーワードとする「伝統産業と先端産業の融合」や「新たな気づき」により新技術・新商品開発に繋がった事例を取りまとめ,広くPRするとともに,この中から「知恵創出"目の輝き"」認定企業を選定し,さらなるフォローアップを継続していくことを目的として,成果事例集を発行しています。

  • 平成27年度知恵産業融合センター成果事例集(pdf 8.5MB)
  • 平成28年度知恵産業融合センター成果事例集(pdf 12.8MB)
  • メディア掲載情報

    ※掲載している記事をご覧になりたい場合は,以下「お問い合わせ先」にてお尋ねください。

    【平成27年】
    • ・共同研究、門戸を広く 進化する中小企業支援(5)(4月18日 日経新聞朝刊)
    • ・着物の柄 仮想試着(4月14日 京都新聞夕刊)
    • ・アニメ?文様「動く」織物開発(2月17日 京都新聞朝刊)

    【平成26年】
    • ・2014経済回顧 行政団体「知恵ビジネス」30社に(12月24日 京都新聞朝刊)
    • ・京都市社会事業を振興起業認定や支援機関(12月19日 日経新聞朝刊)
    • ・日本産の漆 利用拡大考察 漆サミット(12月7日 京都新聞朝刊)
    • ・「漆サミット」課題など探る(12月3日 京都新聞朝刊)
    • ・新素材支援へ研究会設立(11月29日 日経新聞)
    • ・セルロースナノファイバー 中小支援へ研究会(11月20日 日刊工業新聞)
    • ・伝産・バイオ研究連携-府立大と京都市産業技術研究所 包括協定締結(10月29日 京都新聞朝刊)
    • ・京都市産技研と府立大 特産品を共同開発(10月29日 日経新聞朝刊)
    • ・京都市産技研 世界初の量産化メッキ鋳造より熱に強く(10月17日 京都新聞朝刊)
    • ・琳派400年記念-京都市産技研のデジタル染色技術利用横断幕(10月14日 京都新聞夕刊)
    • ・中小海外進出京都市が支援 専門担当者が助言(10月9日 京都新聞朝刊)
    • ・セルロース化製品量産化へ CNF製品量産化(10月7日 日刊工業新聞
    • ・有望ベンチャー3社と1名指定京都市目利き委員会(10月7日 日経新聞朝刊)
    • ・産学公連携の成果 新事業創出やBV輩出(10月1日 日刊工業新聞)
    • ・有機ELの精度2倍(9月22日 日経新聞朝刊)
    • ・セルロースナノファイバー評価技術国際規格化(9月12日 日刊工業新聞)
    • ・海外展開の相談窓口 京都市実行まで後押し(9月6日 日経新聞朝刊)
    • ・120年前の清酒再現 船井酒米仕込む(9月3日 京都新聞朝刊)
    • ・セルロースナノ基盤事業 環境省CO2削減検証(9月2日 日刊工業新聞)
    • ・京都市産業技術研究所 ショールーム開設(8月22 日京都新聞朝刊)
    • ・「地方独立行政法人 京都市産業技術研究所ニュースちえのわ」創刊(8月17日 京都新聞朝刊)
    • ・セルロースナノファイバー 加工性高める新技術(8月14日 日刊工業新聞)
    • ・ナノセルロース関係省庁で連絡会議(8月12日 日刊工業新聞)
    • ・「観光世界一」京都市バナー作成(8月5日 京都新聞朝刊)
    • ・京都市産技研 共同研究の成果展示(7月24日 日経新聞朝刊)
    • ・セルロースナノファイバー実用化へ(7月22日 京都新聞朝刊)
    • ・仏具「おりん」で作った風鈴販売(6月19日 京都新聞朝刊)
    • ・京都市産技研が今春独法化 総合相談窓口を新設(5月27日 京都新聞朝刊)
    • ・セルロースナノファイバー1兆円市場(5月6日 日刊工業新聞)

    旧HP(ホームページ)で紹介したメディア掲載情報

    ※掲載している記事をご覧になりたい場合は,以下「お問い合わせ先」にてお尋ねください。

    • ・「京都市産業技術研究所 京都の伝統×先端技術の紹介(2013年9月7日 日経新聞)
    • ・「ぼかし引染による天然染料100%本草木多色染の着物を開発(2013年8月23日 京都新聞)
    • ・エジプト ルクソール 世界歴史都市加盟記念式典に捺染のバナー登場(2013年6月4日)
    • ・ドイツよりデジタル捺染システム取材(2013年4月12日)
    • ・内閣府広報電子書籍「Highlighting JAPAN」11月号(2012年11月)英語訳(pdf)
    • ・内閣府広報電子書籍「Highlighting JAPAN」11月号(2012年11月)日本語訳(pdf)
    • ・中小の連携支援・企業情報分析システム(2012年9月1日 京都新聞)
    • ・大型陶板の軽量化成功(2012年8月23日 日経新聞)
    • ・極薄3ミリ陶板,国宝再現(2012年8月24日 京都新聞)
    • ・水不要の捺染システム(2012年8月22日 日刊工業新聞)
    • ・静電式デジタル捺染システム 直接プリントの実用化も目指す(2012年7月19日 繊研新聞)
    • ・コピ-機応用し高速染色(2012年7月14日 京都新聞)
    • ・レーザー使い布染色(2012年7月14日 日経新聞)
    • ・伝統の赤べんがら復活(2012年4月28日 京都新聞)
    • ・幕末の陶磁器塗料復元(2012年5月4日 読売新聞)
    • ・世界で光る人材を 来月から育成プログラム(2012年4月18日 京都新聞)
    • ・デジタル捺染事業本格化(2012年2月22日 繊研新聞)
    • ・"京の知恵"成果着々 伝統産業や中小の技術商品化を後押し(2011年10月6日 京都新聞)
    • ・知恵産業育成に手応え(2011年3月2日 日刊工業新聞)
    • ・経済情報番組「京bizW」ビジネスの種コーナーで紹介(2011年1月21日 KBS京都)
    • ・知恵産業センター拡充へ 産業立地規制緩和も検討(2010年12月9日 日本経済新聞)
    • ・産業向上へ知恵集結 京都市長と経済4団体懇談(2010年12月9日 京都新聞)
    • ・新たな産業技術研究所が開所 同研究所内に知恵産業融合センターを創設(2010年10月1日 きょうと市民しんぶん)

    受賞例


    お問い合わせ先

    お問い合わせ先 京都市産業技術研究所知恵産業融合センター
    〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91番地
    TEL:075-326-6100 FAX:075-326-6200
    受付時間:8時30分~12時/13時~17時

    担当者