地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

知恵産業融合センター

センター長挨拶

知恵産業融合センターは平成22年11月に設立されて以来,「伝統技術と先端技術の融合」や「新たな気づき」といった「知恵産業」の推進を技術面から進めてきました。

研究室の技術力をベースにした企業への技術支援や企業マッチングに加え,案件によっては,京都工業会や京都商工会議所,京都高度技術研究所といった産業支援機関や大学と企業の皆様との繋ぎ等も行っています。

また,約八百数十社で構成する京都ものづくり協力会の事務局も担っており,異業種交流の場の提供等,企業・事業者の皆様と研究所を繋げ,新技術・新商品開発の支援も行っております。 引き続きご支援,ご協力の程よろしくお願いいたします。

平成26年4月 知恵産業融合センター長 今井 健

運営体制・各所との連携

支援内容

知恵産業融合センターの 一層の飛躍

研究開発支援

  • 知恵産業推進事業 研究開発支援
  • 事業化・製品化促進(知恵産業創出支援事業,パイロット研究)
  • 産業技術研究所の技術力をベースにした技術的支援

人材育成

  • 産業技術研究所研究修了生が力を発揮できる場の開拓

企業マッチングの推進

  • 伝統技術と先端技術の融合に向けたプロデュース
  • 技術者,経営者のためのface to face の場づくり
  • 京都ものづくり協力会に結集した12研究会間の交流の活性化とものづくり試作事業の推進

情報発信

  • 研究所の見える化
    (市民オープンセミナー,"目の輝き"成果発表会の開催)
    (産業技術研究所の成功事例等の情報発信)
  • 中小企業の海外進出への支援

補助金

平成26年度「京都知恵産業支援共同事業」募集要領

成果事例紹介

京都市産業技術研究所知恵産業融合センターが発足して3年を迎えた平成25年11月を契機に,同じく知恵産業の推進に力を入れている京都商工会議所の参加も得て,知恵産業の芽となる成果事例の発表会を開催しました。この成果事例の発表会において,これまでに京都市産業技術研究所の知恵産業融合センターをはじめ各研究グループの支援により,製品化・事業化等に結び付いた企業・団体を「知恵創出「目の輝き大賞」」として認定し,その事業内容を広くPRすることで,京都産業の振興に寄与することを目指します。

第1回目の輝き認定企業

担当者

お問い合わせ先 京都市産業技術研究所知恵産業融合センター
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91番地
TEL:075-326-6220 FAX:075-326-6200
受付時間:8時30分~12時/13時~17時