地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

人材育成

漆工・漆工応用コース【隔年で交互に開催】

 漆工コース(隔年開催):漆工(塗漆・加飾)に関する基礎知識とその専門的な技能・技術の修得(昼間:のべ約130日間)

 漆工応用コース(隔年開催):より高度な漆工加飾技術の修得(昼間:のべ約130日間)

【コースの紹介】

伝統産業技術後継者育成研修
漆工コース,漆工応用コース(隔年で交互に開催)

研修名

伝統産業技術後継者育成研修

伝統産業技術後継者育成研修 漆工コース・漆工応用コース

研修概要

shikkousshikououyou1.jpg

<漆工コース>

京漆器の基礎的な技法である「布着せ本堅地」や「呂色仕上」など塗漆技法の他,蒔絵,漆絵の基礎,乾漆技法など,漆芸の基礎を幅広く学びます。

<漆工応用コース>

主に金銀粉を用いた蒔絵など加飾技法を中心に京漆器に不可欠な専門的な技術を学びます。

開催時期

漆工コースと漆工応用コースを隔年で交互に開催。

毎年4月~翌年3月 週3日(月・水・金) 約130日間

研修講師

漆芸作家,漆工専門技術者(漆塗,蒔絵,青貝・螺鈿,乾漆等),研究所職員,大学教員

研修場所

当研究所

募集対象者

(1)本市内において漆器製造を営む中小企業の事業主又はその従業員であり,かつ京漆器に関する技術的業務について1年以上の経験をする方

(2)その他,市長が適当と認める方

募集定員

漆工コース8名 漆工応用コース6名

受講料

各コース 250,000円(変更される場合があります)

(個人使用の用具,自由制作の実費,現地研修費等の自己負担あり。)

申込方法及び募集期間

応募要項配布開始:12月下旬

募集期間:毎年1月~2月上旬

選考試験:2月中~下旬(詳細はお問い合わせください)

受講者の決定

選考試験(書類審査・実技・小論文・作品面接)によります。

受講決定者へは郵送にて直接連絡致します。

問い合わせ先

担当:高分子系チーム 橘(たちばな)

 TEL 075-326-6100(代表)

 FAX 075-326-6200


urushi_top.jpg
 漆工コース,漆工応用コースは,京漆器製造の後継者育成を目的とし,漆工に関する基礎知識と専門技能・技術を修得していただくための研修事業です。
 実践に即した漆工技術の研修で,募集人員を限定し,研修生の希望や技量に応じた個別の実習カリキュラムを組むのが特長です。基礎を学ぶ漆工コースと,専門的技能を学ぶ漆工応用コースがあり,隔年で実施しています。

●漆工コースでは漆工に関する基礎を学びます。
 京漆器の基本である,布着せ本堅地によるパネル制作による塗り技法の実習を行います。また,加飾では蒔絵の基礎,図案制作の基礎技術を学び,自作の塗り板に加飾していただきます。そのほか,乾漆による自由造形や新製品開発の手法等についても学びます。

●漆工応用コースでは加飾(蒔絵,螺鈿等)の専門技術と知識を学びます。
 茶道具制作の基本である棗を対象に,本格的な京蒔絵の手法による加飾実習を行います。この他,重箱や夫婦椀など一般漆器の加飾制作を行います。図案はすべてご自身でデザインしていただきます。

●昭和50年度の開講以来,のべ196名以上の修了生を送り出しています。その多くは京漆器業界において,中堅や若手職人として活躍しています。また,作家として国内主要な公募展で活動している方もおられます。

●随時見学できます。事前にお問い合わせください。

●問い合わせ先 
 高分子系チーム 橘(たちばな) 電話:075-326-6100

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]

伝統産業技術後継者育成研修 漆工コース,漆工応用コース
研修の概要

 実践に即した漆工技術の研修です。募集人員を限定し,研修生の希望や技量に応じた個別の実習カリキュラムを組むのが特長です。
 基礎を学ぶ漆工コースと,京蒔絵を中心にした加飾の専門的技能を学ぶ漆工応用コースがあり,隔年で実施しています。

 ※各コースの研修内容は変更される場合があります。詳細はお問い合わせください。

◎漆工コース(定員約8名)
受講料 250,000円
(ただし,個人使用の用具,自由制作の実費,現地研修費等の自己負担あり)
選考試験...書類審査,小論文,スケッチ,面接

実習...塗漆技法,蒔絵技法,漆器造形(乾漆技法),写生
(手板による習作,パネル2~3枚,丸盆,箱,乾漆制作)
(自由制作,デザイン実習,製品開発手法)
講義...漆工技法,漆工意匠,漆工史,漆工工学,デザイン手法等

その他...現地研修(関係業界の工房等見学,他産地研修旅行)
修了作品展...実習にて制作した作品を展示発表(京都市内で3月実施)
◎漆工応用コース(定員約6名)
受講料 250,000円
(ただし,個人使用の用具,自由制作の実費,現地研修費等の自己負担あり)
選考試験...書類審査,小論文,作品審査,面接
(漆工コース修了程度の技能/技術/知識を持つ方が対象)

実習...蒔絵技法,加飾技法,青貝・螺鈿技法,写生
(手板による習作,大棗1,平棗1,箱,夫婦椀,他自由制作)
講義...漆工技法,漆工意匠,漆工史,漆工工学実験,デザイン手法

その他...現地研修(関係業界の工房など見学)
修了作品展...実習にて制作した作品を展示発表(京都市内で3月実施)

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]

伝統産業技術後継者育成研修 漆工コース,漆工応用コース
研修作品展


 漆工本科コース(現漆工コース)の研修作品展 (京都・岡崎 みやこめっせにて 2008年3月)
tenzikai1.jpg
tenzikai2.jpg

 漆工専科コース(現漆工応用コース)の研修作品展 (京都・岡崎 みやこめっせにて 2009年3月)
h20_senka_kaizyo.jpg
h20_senka_kaizyo3.jpg

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]

伝統産業技術後継者育成研修 漆工コース,漆工応用コース
主な修了生作品

平成21年度 漆工本科コース(現漆工コース)
h21_isizukapanel.jpg
h21_nakamura.jpg
h21_kazimoto.jpg
「 蕩 蕩 」
石塚源太
(4号パネル)
「 蝶々 」
中村惠美
(箱)
「 おとなのオセロ 」
梶本幸仁
(製品開発手法)
H21_kuroki.jpg
h21_simode.jpg
h21_simode2.jpg
「 そうだ,かつて太陽に
鳥がいたのだった 」
黒木絵理
(丸盆)
「 仰ぐ空,包む海 」
下出宗明
(6号パネル)
「 照明「杜若」 」
下出宗明(乾漆造形)
平成20年度 漆工専科コース(現漆工応用コース)
h20_oitate.jpg
h20_uehigasi.jpg
h20_tanaka.jpg
「 秋の野 」
追立睦
(平棗)
「 舞う 」
上東さやか
(大棗)
「 初富士 」
田中里果
(平棗)
h20_miyaki.jpg
h20_suzuki.jpg
h20_hirano.jpg
「 みのり 」
宮木康
(夫婦椀)
「 鎖 」
鈴木麻莉
(箱)
「 蝶 」
平野完児
(平棗)

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]

伝統産業技術後継者育成研修 漆工コース,漆工応用コース
研修内容


漆工コース研修内容

実習
蒔絵技法 平蒔絵,高蒔絵,研ぎ出し蒔絵など。
青海波,雷文,網目文,麻の葉つなぎ文,
6号パネル,4号パネル,丸盆,箱物。
塗漆技法 京塗りろいろ仕上げ。
手板5枚,6号パネル,4号パネル,丸盆。
乾漆造形 乾漆技法による造形。
製品開発手法(京塗・デザイン実習) 製品開発プロセスの実際,アイデアから実作まで。
写生と構成 植物のクロッキー,精密写生,平面構成など。
講義
漆工技術概論 塗漆工程・技法,蒔絵工程・技法,漆器産地技法。  
漆工史 漆工の歴史、技法史。    
漆工工学 1)漆の科学,漆と合成樹脂塗料
2)漆の採取,漆の精製,漆工工学
漆器製品デザイン基礎 製品開発,デザイン手法。 

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]


漆工応用コース研修内容

実習
加飾実習

金粉,銀粉を用いた蒔絵技法を学ぶ。

a) 大棗,平棗
b) 夫婦椀1組
c)小重箱,小箱から1個

漆器造形

CGソフトによるデータ作製からラピッドプロトタイピング

出力機によるABS樹脂素地を作製。塗漆から加飾まで。

青貝,螺鈿実習 青貝(アワビ貝)と厚貝(白蝶貝)を用いた小品。
写生 植物,小動物,人体のクロッキーと精密描写,表現方法。
漆工技術実験 漆及び周辺材料についての簡易な科学実験。
講義
漆工概論 漆工技術概論,漆工史概論,漆工工学。
その他
茶道実習 薄茶点前を通して道具の扱い方を学ぶ。

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]