地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

人材育成

釉薬実務者コース

  釉薬技術の修得に特化し,新規または確立した製品化の開発を目標に講義や実習を通した技術の修得(昼間:のべ12日間)

研修名

伝統産業技術後継者育成研修

釉薬実務者コース

研修概要

 陶磁器製造を営む中小企業の事業主又はその従業員の多くの方は,意欲はあっても,日常の仕事を抱える中,時間的制約から,釉薬に関する講義や実習をなかなか受けることができません。

 そういった方を対象に,釉薬という分野に特化し,月1回の割合で火曜日の午後を利用して実習を行う研修です。

 陶磁器コースで実施している講義も聴講していただくことで,陶磁器の製造に関する基礎的知見の習得を図り,新製品開発や品質改善等にも役立ててもらいます。

 実習では,1年間取り組む釉薬テーマを設定し, 施釉する素地のテストピース作製, 釉薬調合, 施釉の各作業を行って頂きます。得られた釉薬のテストピースは各自持ち帰って頂き, 今後の製品化に向けた参考資料として活用頂きます。また本実習の最後には調製したテストピースの中から製品化に適した調合ポイントを使った試作品の作製も行っています。

yuyakujitsumusha2.jpg

開催時期

毎年4月~翌年3月 火曜日の午後(原則) 月に1回 年間12回実施

研修講師

陶磁器業界の専門技術者(陶芸作家)

研修場所

当研究所 5階陶磁器釉薬実習室

募集対象者

(1)本市内において,陶磁器製造を営む中小企業の事業主又はその従業員

(2)陶磁器に関する技術的業務について1年以上の経験を有する方

(3)その他市長が適当と認める方

募集定員

8名程度

受講料

40,000円

申込方法及び募集期間

専用の募集要項にて申込。  募集期間:毎年2月初旬~中旬

受講者の決定

作文。合格・不合格は受講者へ関係書類を同封の上,郵送。

備考

問い合わせ先

担当:窯業系チーム 田口

TEL 075-326-6100(受付) FAX 075-326-6200

<ページの先頭へ>

[人材育成のページに戻る]