地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

研究成果

R-M(M=Y, ; M=Co, Ni)2元系合金の水素吸蔵容量 金属中の水素分析研究 (第16報)

研究報告 金属系材料
担当者金属系材料チーム 門野 純一郎,南 秀明,丸岡 智樹
概要水素吸蔵合金は①水素吸蔵容量,②吸蔵放出速度,②吸蔵放出の可逆性の3側面が重要である。当研究所における一連の「金属中の水素分析研究」ではこの3側面をそれぞれ電子の空席状態数,エネルギーのゆらぎ,凝集エネルギーという3つの尺度を使って解明することを試みた。本報告では希土類金属R(Y(イットリウム))と遷移金属 M(Co, Ni)によって構成される2元系合金について,最大水素吸蔵容量をジーベルツ法により測定した。その結果,水素吸蔵容量はR-M系においてMの組成が増えるに連れほぼ比例して減少し,電子の空席状態数に対応することがわかった。

資料ダウンロード