地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

研究成果

ヘッドスペース法を利用した食品品質管理法の開発

バイオ 研究報告
担当者 加工技術グループ バイオチーム  高阪 千尋,廣岡 青央,山本 佳宏
京都市衛生環境研究所 生活衛生部門  伴埜 行則
研究開始時期及び
終了時期
平成25年4月~平成26年3月
要旨  食用魚などの鮮度判定に従来より用いられている方法は結果の判定に24時間以上要し,品質管理に利用することは現実的ではない。そこで,迅速で簡便な食品の品質管理方法の構築を目的とし,食品の周囲の気体を希薄成分濃縮機材にて採取し,ガスクロマトグラフ質量分析計(GCMS)で分析を行った。今回,魚試料4種類から揮発する微量成分の経時変化を測定した結果, 15種類の推定される化合物において変化を見出すことができた。今後,さらにこの中から鮮度の指標となる化合物を選抜することで,より短時間で結果の判定が可能な品質管理方法を確立できると考えられる。
まとめ  迅速かつ簡便な食品の品質管理方法の構築を目的とし,ヘッドスペース分析法により魚試料4種類から揮発する微量成分を希薄成分濃縮機材により濃縮し,その経時変化をGCMSにて測定した結果,今回の分析条件下では,15種類の推定される化合物において変化を見出した。・・・(以下研究報告を参照)
研究種別 経常研究
備考 ダウンロードできる研究報告(pdf)はサイズを抑えるために低解像度にしています。

資料ダウンロード