地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

研究成果

ガスクロマトグラフィを用いた有機酸分析方法の開発

バイオ系 研究抄録
担当者 バイオ系チーム  高阪 千尋,廣岡 青央,山本 佳宏
京都府立大学大学院生命環境科学研究科  市原 謙一
研究開始時期及び
終了時期
平成27年4月~平成28年3月
要旨  清酒に含まれる有機酸は,通常,リンゴ酸,乳酸,コハク酸が大部分を占めている。一般的に行われている分析方法としては,高速液体クロマトグラフィ(HPLC)による一斉分析法や酵素による個別定量法が主流である。HPLCによる分析法は分離や検出感度,前処理にコストがかかる点などに問題があり,また,酵素法は検体中の有機酸を一斉に分析するには適さない。
 上述の問題点を改善し,検体中の有機酸を一斉に分析できる方法として,ガスクロマトグラフィ(GC)の利用を考えた。ただし,有機酸のような不揮発性物質を分析する場合は,揮発性誘導体に変換する必要がある。そこで,GCを用いて簡便,迅速に多種類の有機酸を定量できる分析方法の検討を行った。・・・(以下pdf本文を参照)
まとめ (原題:Analysis of organic acids in sake by gas chromatography)
本研究は,Pacifichem 2015(The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies)にて発表した。
研究種別 研究抄録
備考 ダウンロードできる研究報告(pdf)はサイズを抑えるために低解像度にしています。

資料ダウンロード