地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

設備利用

検索結果:24 件

  • 熱機械分析装置(TMA)

    試料を加熱する際の膨張収縮を測定することができます。主に試料の線熱膨張率,軟化温度を評価するのに用いられます。

  • 表面粗さ測定器

    表面粗さ測定器とは,表面におけるナノメートルオーダの微細な凹凸形状を含めた表面性状を,接触式あるいは非接触式の測定子(触針)で高精度に検出し,評価可能な装置です。

  • レーザー顕微鏡

    本装置は,試料の表面形態を大気中において,非破壊で迅速に測定できます。観察時に焦点の合った面だけから情報を取り出し,さらに焦点位置を変えて像を撮り,それらを画像メモリーで足し合わせることにより,3次元の情報をもった画像を得ることができます。

  • 薄膜ストレス測定装置

    基板表面に膜付けされた薄膜によって生じる基板の曲率半径の変化量を,試料表面にレーザーを走査することで計測し,薄膜のストレス(応力)を測定できる装置。

  • 熱分析装置

    示差熱分析,熱重量測定及び熱膨張測定を行う装置です。

  • 非接触3Dデジタイザ

    様々な工業製品のパーツや工芸品,文化財等の形状を非接触スキャンし,デジタルデータとしてコンピュータ上に高精度に再現することができます。ものづくりのスピードアップ,品質向上にお役立ていただけます。

装置の名称,型番,通称などを入力して,ご利用いただける機器や設備を検索できます。

フリーワード検索
分析分野から探す