地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

新着情報

お知らせ 2015年5月11日

「新 Windows 版 CGSⅡ ソフトウ

 京都市産業技術研究所では, 西陣織を代表とする紋織物業界向けに, 紋織物を織るための, 紋紙データを編集・作成するソフトウェア開発を通じて, 生産工程の改善, 新製品の開発を支援しています。

 この度, 「新 Windows 版 CGSⅡ ソフトウェア」(以下「基本パック」という。平成25年度提供開始)について, 新たに機能を追加した「新 Windows 版 CGSⅡソフトウェア応用パック」(以下「応用パック」という。)の提供を開始しますので, お知らせします。

 新たな機能の追加により, CGSⅡフォーマットに則った高度な紋紙データを作成できるとともに, 作業の効率化・省力化を図ることが可能となりました。

 ※新 Windows 版 CGSⅡソフトウェアとは

  CGSⅡは, 紋織物を織るために必要なジャカード信号データ(紋紙データ)の規格の名称であり, この規格は京都市西陣発で全国に普及しています。このソフトウェアはCGSⅡ規格の紋紙データを編集・作成するソフトウェアです。

1 応用パックで追加する機能

(1) メートル作成機能

 画像データ(図案)からメートルデータを作成する機能を追加しました。この機能の追加により, 紙と絵具で従来から行われてきた伝統的なやり方に近い形で, 製紋作業をパソコン上で行うことができるようになりました。

h270430_me-toru.png

※メートルとは, 意匠図の右側に記入され, その柄を織るために必要な紋紙枚数, よこ糸の種類・織る順番などの情報を持たせたもの。

(2) 紋紙作成機能

 画像データ(図案)と上記(1)のメートルデータ及び組織データや杼箱データ等から, CGSⅡフォーマットに則った紋紙データを新規作成できるようになりました。

(3)杼箱情報・杼走方向記入機能

 CGSⅡデータを読み込み, 織機杼箱での杼の占有状態を入力することにより, 杼箱情報(どの杼箱を使用しているか)と杼走方向(杼が右から左, 若しくは左から右に走るか)の情報を付与する機能を追加しました。この機能の追加により, 作成したCGSⅡデータが, 設計どおりに杼がぶつからずに走るかどうか等を実際に製織せずに確認することができるようになりました。                                 

h270430_syatoru.jpg

※杼(シャトル)とは, 織物を織るための道具で, たて糸の間を往復させることにより, よこ糸を供給するもの。複数の杼を織機の杼箱へ収納しておき, 順番に使用できる。

2 使用料金

 (1) 関西広域連合内の方    20,500円(税込)

 (2) 関西広域連合外の方    41,000円(税込)

※ 関西広域連合構成団体:京都市, 京都府, 滋賀県, 大阪府, 兵庫県, 和歌山県, 鳥取県, 徳島県, 大阪市, 堺市, 神戸市

3 提供開始日

 平成27年5月11日(月)

4 申込方法など

 (1) 所定の申込書をお渡ししますので, 担当者までにお問い合わせください。

 (2) 基本パックのUSBキーをお持ちの方は, このUSBキーに応用パック用の新たなライセンスを付与しますので, 基本パック用のUSBキーを一旦, 持参又は郵送にて返却していただく必要があります。

 (3) USBキーの追加貸与は, 1社当たり3ライセンス(基本パックと合わせて計4ライセンス)までとします。

 (4) 上記使用料金は, 基本パックを御使用の方の価格になります。基本パックを御使用でない方が応用パックを御使用になる場合は, 上記使用料金と同額の基本パック料金を別途お支払いいただきます。

 (5) 料金前払いとなり, 弊所1階受付窓口での現金払い又は口座振込となります。

5 問合わせ先

 地方独立行政法人京都市産業技術研究所 研究室 製織システムチーム

 担 当 :本田, 岩崎, 名所

 TEL :075-326-6100(代表)

 FAX :075-326-6108

 受付時間:月~金 8:30~12:00 13:00~17:15

      土日祝, 年末年始除く

一覧に戻る