地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

設備利用

分光分析

顕微紫外可視分光光度計 紫外から可視に至る波長領域で微小試料や微小部位の透過・反射測定が可能な顕微分光システムです。
迅速元素分析装置 文化財は言うまでもなく,金属,セラミックスなど現物の素材,機械部品などを,特定の前処理もなく,その場で迅速に金属元素分析ができる携帯型簡易成分分析計です。
リアルタイムPCR PCR 反応を利用し,酵母など生物の遺伝子発現を定量的に分析する装置です。
エネルギー分散型蛍光X線装置 試料にX線を照射することで蛍光X線が発生し,この蛍光X線を検出することで,試料に含まれる元素の種類や含有量を知ることができる装置です。
ICP発光分光分析装置システム 機械金属,電子電気製品・部品等に使用されている金属,樹脂,セラミックス等の材料中の金属成分分析を行う装置です。固体試料の分析には,酸分解などの前処理が必要です。
蛍光X線分析装置 各種工業材料の組成分析(定性・定量) を行う装置です。
分光光度計 各種光学・エレクトロニクス素材などの固体試料及び液体試料の紫外~近赤外領域の波長光の透過/反射率測定のほか,色彩分析など多彩な測定が行えます。
高速FT-IRイメージングシステム 有機物の定性分析及び微小領域の定性分析を行う装置です。
グロー放電発光分析装置 試料表面及び試料の深さ方向の元素分析を行う装置です。