地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

研究員マップ(清野 珠美)

title_ep201407.png
 氏 名 清野 珠美
title_ep201407.png
 得意分野 LC-MSを用いた食品中の特異成分の同定および定量解析
title_ep201407.png
 概要  食品は,アミノ酸,タンパク質,糖,有機酸,脂質など,様々な成分を含む複雑な混合物です。そのため,その中からヒトの体に良い成分やおいしさを示す成分を見つけ出し,その量を測定することは,今でもまだ難しい研究の1つです。
 しかし,近年普及してきた,液体クロマトグラフ-質量分析装置(LC-MS)により,食品成分の難しさは克服されつつあります。この装置は,成分の分子の大きさを標的にして,目的成分を検出できるため,食品中の微量な成分を特異的に,さらに高感度に分析することができます。
 私は現在,このLC-MSを使用して,清酒のおいしさに関わる成分を分析しており,その結果を清酒の醸造技術や品質改善につなげようとしています。
title_ep201407.png
 一言  機械で分析した成分が本当に清酒のおいしさに関わっているかどうかを確かめるには,自分自身の味覚センサー,つまりヒトの舌による官能検査も大切です。仕事では分析技術を,そして家に帰っても一杯やりながら,楽しく自分の舌の訓練を行っています。