地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

製織システムチーム(チームマップ)

担当者

  • 名所 高一
    製織技術,製織準備技術,織物故障鑑定,繊維製品物性評価
  • 仮屋 昭博
    製織技術,製織準備技術,織物故障鑑定
  • 本田 元志
    製織技術,製紋技術(CGS),FA関連技術
  • 廣澤 覚
    繊維製品物性評価,コンピュータ応用技術
  • 小田 明佳
    繊維製品物性評価,感覚・感性評価技術
  • 岩﨑 健太
    コンピュータ応用技術,システム開発全般

チーム特色・内容

製織システムチームは京都市の地場産業である西陣織物業界をはじめとした繊維業界に対し,技術的な課題解決をサポートしてきたメンバーを中心に構成されています。このため,織物を織るために必要な"製織技術"と繊維製品の性能などを評価するために必要な"物性評価技術"を得意技術として有しております。さらに,画像処理,ヒューマンインタフェース,組み込みシステム等のコンピュータ応用技術も取り入れて,織物等繊維製品のさらなる用途展開や新商品開発技術の提案などにより,さまざまな技術支援を地元企業や関連業界に対して行っています。

用語説明

製織
織機を用いて,たて糸とよこ糸を組み合わせて織物を作ることをいいます。
西陣織
京都西陣の地で生産される織物のことです。
ちなみに「西陣」と「西陣織」は「西陣織工業組合」の登録商標です。
画像処理
デジタルカメラなどで撮られた画像を処理して,別の画像に変形したり,画像から何らかの情報を取り出したりするために行われるコンピュータ処理のことです。
ヒューマンインタフェース
人間と機械が情報をやり取りするための方法や,そのための装置,ソフトウェアなどのことです。
組み込みシステム
いろいろな機能を家電製品や機械等に持たすために,製品に組み込まれるコンピュータシステムのことです。

最近のチームトピックス

  • ・新規織物の商品化

     西陣の企業と共同で新しい製織技術を開発し,その技術で生まれた織物が商品化されるなど和装産業に対して積極的に技術支援を行っています。  (1)片側紗風通帯の開発
      非常に複雑な織物組織を実用化しました。

     

     (2)柄が動いて見える織物の開発
      スリットアニメーションの原理をテキスタイル(織物)に適用し, 後加工不要の製織技術だけで実現しました。

    スリットアニメーションの動画はこちら
  • ・和装製品におけるAR技術利用の試み

     和装の普及や販売促進,繊維製品への情報付与などを目的として,AR技術(※1)の応用展開を図っています。
     着物は,初めて触れる方々にとっては試着が難しく,着用状態を確認したり,洋装と比べて気軽に商品を比較しにくかったりする面があります。当研究所では,誰でもどのような商品でも気軽にデザインを確認できるよう,着物の3D着用イメージ表示システムを開発しています。表示する着物や帯の柄データは簡単に作成することができます。
     また,繊維製品のデザインを阻害することなく,製品自体にマーカー(※2)を埋め込む技術の開発を行っています。

    ※1:Augmented Realityの略語で,日本語では「拡張現実」と訳されます。現実世界に対してコンピュータ補助により情報を付与(拡張)して提示する技術です。
     ※2:製品を識別し,新たな情報の付与などを行うための目印。

    「着物・浴衣の3D着用イメージ表示システム」を開発しました。
    広報資料

  • ・使用感評価に関する研究

    化粧道具や衣料品の使用感など,ヒトの感覚を客観的に得るための研究を行っています。その中で,化粧用ブラシの物理特性測定法を開発しました。

ご利用者向け

チームが担当する業務については「ご利用者向け」のページをご覧ください。

詳しくはこちら(ご利用者向け)