地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

高分子系チーム(ご利用者向け)

高分子系チームは,有機材料,プラスチック,ゴム等の高分子材料,複合材料等の技術分野,漆や漆工,合成樹脂塗料と塗装に関する技術分野に関する業務,研究を行っている,全国でも珍しい近畿圏で唯一の機関です。

業務内容

(1)研究・技術分野

高機能性プラスチック材料に関すること

  • ナノセルロース,ポリマーブレンドによるプラスチック材料の高性能化
  • 容器包装リサイクル材利用による環境製品の開発
  • 新規歯科用材料の開発

プラスチックの成形加工技術に関すること

  • 化学発泡剤によるエポキシ樹脂発泡体
  • 新規ポリエチレン高倍率発泡体の実用化検討

漆及び環境対応型塗料に関すること

  • 漆等の新たな分散法による精漆
  • 高性能漆の更なる高度化とその利用拡大
  • 天然物を利用した酵素反応形塗料

(2)技術相談・指導業務

各種プラスチック材料の成形品,積層品,発泡体及びFRP成形品における引張,圧縮,3点曲げ強度等をはじめとした機械的特性評価,プラスチック成形品の耐衝撃性,プラスチックフィルムの粘弾性特性評価,樹脂材料の接着強度や,プラスチック製品のクラック,膨れ,ブリード発生といった成形不良原因の究明,製品や部品の汚れ,異物混入等の原因究明,対策方法のほか,プラスチック及びゴム材料の熱プレス成形法,樹脂コンパウンド材料の流動特性評価等の技術指導を実施

漆の乾燥促進,低湿乾燥,耐候性の向上,漆を工業塗装の工程に取り入れる手法,陶胎漆器等の新商品開発などの精漆技術や漆の改質技術のほか,被塗物に適合した塗料の選択をはじめとした塗装に関する技術指導を実施

(3)依頼試験・分析

プラスチック製品,FRP成形品,紙製品等の強度評価試験(引張試験,圧縮試験,3点曲げ試験),樹脂製遮光フィルムや液晶保護フィルムの光学的特性評価試験及びリサイクルプラスチック成型品,塗装製品や印刷インク等の促進耐候性試験を実施。

プラスチックおよびゴム製品,機械製品,工業用部品等における微小付着物,混入異物のFT-IR(顕微ATR法,ダイアモンドATR法)を用いた定性分析,その他織物等における表面汚染部,変色(変質)部の定性分析,さらに,漆,漆/合成樹脂混合塗膜,にかわ等の天然物由来の塗材のFT-IR分析を実施。

(4)人材育成・研修業務

  • 伝統産業技術後継者育成研修(漆工コース・漆工応用コース)
  • ORT事業(年3-4企業に実施)
    • 有機材料分析技術,物性評価やプラスチック成形加工等
    • その他天然物等の物性評価や利用法

主な取扱設備機器

  • 分光光度計
    日立分光光度計 U-4100 (株)日立ハイテクノロジーズ社製
  • 促進耐候性試験機
    スーパーキセノンウェザーメーター SX75 スガ試験機(株)社製
  • 精密万能疲労試験機
    電磁式疲労耐久試験機 EMT-1kNV-30 (株)島津製作所社製
  • 超微小硬さ試験機(ユニバーサル硬度計)
    フィッシャースコープ HM2000 Xyp (株)フィッシャー・インストルメンツ社製

主な研究シーズ

  • セルロースナノファイバーの製造と高植物度ナノコンポジットの作製

    セルロースナノファイバー(CNF:ナノサイズのセルロース繊維)の製造技術,CNF/ポリマー複合化による高植物度,高性能ナノコンポジット及び軽量かつ高強度な発泡体を開発しています。再生可能資源であり,高いポテンシャルを秘めたCNFを利用した新規材料の創製に取り組んでいます。
  • 発泡成形技術

    架橋構造の制御やポリマーブレンドによる熱硬化性樹脂の微細発泡に関する研究,従来のフロンガスや炭化水素系のガスに代わる低環境負荷・不活性な窒素ガス等を発泡剤に用いた熱可塑性樹脂のバッチ発泡,射出発泡における気泡微細化に関する研究を通して,軽量,省エネ,高性能な部材の開発に取り組んでいます。
  • 漆の新規利用技術

    開発した屋外用漆を使用し,漆塗りの新たな製品を開発しています。要求される塗膜性能(耐久性・塗膜物性等)を満足するための塗装設計を行い,漆塗りの優美さを生かしたインテリア,エクステリア,建造物,建材,家電製品等の開発を支援しています。

担当研究会

  • 京都合成樹脂研究会

担当者