地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

高分子系チーム(チームマップ)

担当者

チーム特色・内容

高分子系チームはプラスチックやゴム等の高分子材料,複合材料等の技術分野,漆や合成樹脂塗料と塗装に関する技術分野,漆工技術に加え,漆器デザインに関する業務を行っている,全国でも珍しい近畿圏で唯一の機関です。対象業界は,化学工業製品等製造業,機械器具・電気電子機械部品製造業などの近代産業,また伝統産業である京漆器,京仏壇,彩色や修復関連など多種多様な業界です。

セルロースナノファイバー

プラスチックに様々な素材を複合化することにより,プラスチック材料の高性能化,高機能化を目指しています。 複合している素材は,ナノ素材としてセルロースや粘土鉱物,高性能プラスチック,導電性・熱伝導性材料があります。

プラスチック発泡体の断面

プラスチックの発泡成形は,プラスチックに無数の細かな気泡を含ませ,軽量性,断熱性,緩衝性,絶縁性,吸音性などを向上させる技術で,幅広い分野で用いられています。当チームでは,環境への影響の少ない方法によるプラスチック発泡体製造技術や,発泡体の気泡構造や断熱性などの物性評価方法について相談や研究などを行っています。

漆類の試験塗膜群

塗料の多くは石油から作られ,塗るときにはシンナーや乾燥させるときには熱が必要なときもあり,環境に負荷を与えることもあります。一方,漆という塗料はうるしの木から採取されます。酵素の働きで乾燥しますので,熱や塗るときのシンナーも必要ありません。つまり漆は木によって作られる環境にやさしい酵素反応型の塗料です。当チームでは漆に注目し,この漆の性能を向上させる研究(漆を変える)やこの漆をお手本としたこれまでにはない全く新しい塗料の開発(漆をつくる)を研究しています。

用語説明

ナノ素材
素材の大きさ,長さがナノメートル(10億分の1m(10-9m))の領域のもの

最近のチームトピックス

  • 環境省ナノセルロースビークル(NCV)プロジェクトがスタート。2020年までにナノセルロース樹脂複合材料による自動車車体重量10%減を目指します。
  • 日本製紙が,2017年6月に静岡県の富士工場に『京都プロセス』(※)の実証生産設備新設を決定しました。
  • 漆に含まれる未知成分に関して,京都工芸繊維大学と京都府立大学との共同研究を行い,その機能解明に取り組んでいます。
  • ※京都プロセスとは,セルロースナノファイバー強化樹脂材料の一貫製造プロセスであり,京都市産業技術研究所が開発に寄与しました。

ご利用者向け

チームが担当する業務については「ご利用者向け」のページをご覧ください。

詳しくはこちら(ご利用者向け)