地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

デザインチーム(チームマップ)

担当者

チーム特色・内容

京都には,京友禅や西陣織,京焼・清水焼や京漆器をはじめ,数多くの伝統産業があります。デザインチームでは,これらの伝統産業業界を中心とした中小・零細企業のものづくりをサポートしています。

新たな製品を開発するためには,それぞれの企業が保持している独自技術を誇示するだけでは売れるものにはなりません。その製品を実際に使うターゲットとなるユーザーのニーズをしっかりと把握し,競合が予想される他社製品との差別化をいかに図るかが重要なポイントとなってきます。製品開発には,マーケティングや製品企画(コンセプト),製品の設計や色(配色),装飾模様といったいわば狭義のデザイン,開発した製品を売るためのパンフレットなどのプロモーションデザインなど,様々な場面でデザインが果たす大きな役割があります。デザインチームでは,所内各チームと技術的な側面について連携を取りつつ,製品開発のサポートを行っています。

また,三次元デジタイザ(3Dスキャナー)*及びラピッドプロトタイピング造形装置(3Dプリンター)*を活用し,工業製品にとどまらず,漆器の素地や陶磁器の鋳込み型の原形など伝統工芸品にも応用しています。

 デザインチームでは,人材育成事業として伝統産業技術後継者育成研修京友禅染(手描)技術者研修を開催しています。この研修では,ゴム糸目友禅(ごむいとめゆうぜん)*の見本を基にした実習や講義を通じて,各工程の基礎的な知識と技術の修得を目指した基礎コース,着物や染帯のデザインから下絵,糊置,引染,挿友禅,金彩までの工程について,工房実習を含めた各工程の名匠による直接指導のもと,より実践的な技術指導を通じて手描友禅の若手技術後継者を育成することを目指したプロ養成コース,手描友禅に関する多種多様な技術・技法の中から,毎年特化した技術をテーマにして実習を行う専門コースという3コースの研修を行っています。



なお,デザインチームでは,京都工芸研究会,京都市京友禅染(手描)技術者研修同窓会虹彩会といった研究会等の活動をサポートしながら,業界振興に寄与しています。

用語説明

三次元デジタイザ(3Dスキャナー)
工業製品から伝統工芸品に至るまで,さまざまな製品の外形状を瞬時に3Dスキャン(三次元デジタイズ)し,外観の形状をデジタルデータとしてコンピュータ上に高精度に再現することができます。ものづくりのスピードアップや品質向上にお役立ていただけます。
ラピッドプロトタイピング造形装置(3Dプリンター)
当研究所で導入している造形装置は「熱溶解積層」という方式で,形状データを「輪切り状の断面の積み重ね」に変換して,細い糸のように溶かしたプラスチックを一層ずつ積み重ねて立体化します。 この方式は耐衝撃性・耐熱性に優れており製作コストも低く,複雑で正確な造形を短時間・低コストで製作できる利点があります。
ゴム糸目友禅
手描友禅染の代表的な技法で,生地上に下絵した模様の輪郭に沿って筒紙を用いてゴム糊を糸目状に置いて防染し,その中を挿友禅することで模様を染め分ける染色技法です。

最近のチームトピックス

  •  「京ものエントリーモデルプロジェクト」
    デザインチームでは,平成27年度から若手伝統産業従事者を対象として,京ものに馴染みのない方をターゲットとした製品開発事業となる「京ものエントリーモデルプロジェクト」を始動いたしました。
     このプロジェクトは,約2年間のプログラムで市場調査から企画立案,ブランディング,設計,試作,プロモーションまで,より実践的な製品開発プロセスを学び,自分たちで製品をプロデュースすることによって,作り手の更なるスキルアップを目指すものです。そして,その成果を全国規模の展示会で発表するとともに,若い使い手を中心としたライフスタイルを提案することで販路開拓につなげていきます。また,アドバイザーとして,第一線で活躍するクリエイターの方々をお招きするとともに,産技研が培った技術でトータルサポートします。

ご利用者向け

チームが担当する業務については「ご利用者向け」のページをご覧ください。

詳しくはこちら(ご利用者向け)