地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ
標準or大きく

津田友子

津田 友子 TOMOKO TSUDA (京焼・清水焼)

○プロフィール○

profile_tsudatomoko.jpg
受講コース・修了年 平成13年度みやこ技塾京都市伝統産業技術者研修 陶磁器コース 本科 修了
HP http://www.tsudatomoko.jp/
経歴

1975年 京都で生まれる

1997年より7年間 茶陶楽焼の「吉村楽入氏」師事

2001年 京都府立陶工高等技術専門学校 成形科を修了

2002年 京都市立工業試験場 陶磁器コース本科を修了

2003年 現在の京都花園に窯を築き作家活動に取り組む


◎個展

白白庵(ニュートロン)/東京 三越/東京日本橋

近鉄百貨店/阿倍野 髙島屋/京都 三越/銀座 

三越伊勢丹/大阪 松坂屋本店/名古屋 阪神百貨店/大阪 

西武百貨店/渋谷 アートサロン山木/大阪


韓・日陶芸交流展(韓国/慶尚北道)

第1回ikeyan☆巡回展

「天祭108」増上寺 初回から現在まで継続して出展

クラフトトレンドフェア2015(韓国/ソウル)


◎常設

ホテルグランヴィア京都 最上階vipルーム

増上寺(東京)寄贈 


◎放送

スカパー 照英にっぽん一人旅

ニュースワイド京都「京アート魂」

関西テレビ「アシタノカタチ」

京都府ものづくり産業動画「はたら校」 2015年

関西テレビ「よーいどん」一張羅コレクション 2015年

ひとこと

急熱急冷で焼成する楽焼と呼ばれる手法で茶道具を制作しております。楽焼とは,安土桃山時代,瓦職人だった長次郎が千利休の指導により作ったのが楽焼の始まりとされています。日本的で優雅な楽焼は柔らかで温かみのある焼物です。永く使って頂く程に味わいと風合いが出て参ります。

「使う方のしぐさをしなやかに美しくみせるうつわであること」これは永遠のうつわのテーマです。

小さな子供と共に毎日を過ごす日常一日一日。成長がみえる幼少期。そんな変化を日々楽しんで見守っております。私が作る樂のうつわも同様。使うたびに変化し味わいが出やすいという特徴を持っています。使い手によってその姿の変化も違う唯一無二の自分だけのうつわ。

今,私に一番身近な「育てる」という言葉。楽焼は使っていくうちに風合いが出て味のある姿へと育っていきます。うつわを育てる楽しみを皆様にも味わって頂けましたら幸いです。

作品写真
tsudatomoko1.jpgthe feeling to trust Aのカタチ tsudatomoko2.jpgthe feeling to trust Bのカタチ
tsudatomoko3.jpg白楽茶盌 tsudatomoko4.jpg赤楽茶
tsudatomoko5.jpg楽茶盌 鯉の滝登り tsudatomoko6.jpg深青釉貝皿
tsudatomoko7.jpg金注器 tsudatomoko8.jpg香合「昔話シリーズ 金太郎」
tsudatomoko9.jpg香合「昔話シリーズ 桃太郎鬼たいじ」 tsudatomoko10.jpg香合「昔話シリーズ 浦島太郎」

当ページの本文及び画像の転載・転用を禁止します。