地方独立行政法人 京都市産業技術研究所
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 075-326-6100
文字サイズ

京都酵母を知る

中文(简化字) Français English 日本語

京都酵母とは?

京都酵母。受け継がれてきた財産。
 京都市産業技術研究所は,昭和30年代から清酒酵母の開発・管理・分譲を続けており,京都の日本酒造りを支えている。
 半世紀以上にわたり保管されている100株以上もの酵母たちは,まさしく脈々と受け継がれてきた財産である。
 ここから数多の選抜・分析を繰り返して,京都独自の清酒酵母「京都酵母」が生み出されている。

ロゴマークに込めた思い

酵母の細胞核と,酵母が出芽している様子を,利き猪口に使われている「蛇の目」から着想してロゴマークをデザイン。各酵母が造る香味を色に見立て,京都酵母全体で,様々な香味の提案ができるイメージを虹色のグラデーションで表現している。

 

酵母のはたらき

酵母がつくり出す香りと味。

 日本酒造りでは,米のデンプンが麹の酵素によって分解され,糖に変化する。「酵母」はこの糖を食べ,アルコールをつくると同時に,原料の米からは決して想像できない,様々な香り成分や味成分もつくり出す。
 現在5種類ある「京都酵母」でつくられた日本酒は,それぞれ香味の"スタイル" がまったく異なり,適した呑みごろ温度も違う。さらに料理とのペアリングや呑む器(うつわ),飲用シーンまでも様々に提案し,日本酒の多様性を大きく広げる可能性を秘めている。

KOMI-MAP-WEB.png

 

酒造りと京都の歴史

近日公開予定

 

お問い合わせ

京都酵母に関するお問い合わせは,京都酵母ブランド化計画担当 廣岡・清野・沖田宛にお問い合わせください。

※お電話でのお問い合わせ:受付時間:午前8時30分~12時/午後1時~5時(土日祝,12月29日~1月3日を除く)